韓国の窓、KBS World Radioを通じて韓国が見えます

KBSラジオ国際放送(KBS WORLD Radio)は、1953年8月15日「自由大韓の声」として産声をあげ、毎日15分ずつの英語放送を始めました。以来、韓国唯一の対外広報放送として、日本語、韓国語、フランス語、ロシア語、中国語、スペイン語、インドネシア語、アラビア語、ドイツ語の順に言語を増やしていき、 2005年3月3日にベトナム語放送を始めたことで、現在は11カ国語で放送を行っています。1973年4月には、「ラジオコリア(Radio Korea)」と名称を改め、 1994年8月には、国際化の時代に合わせ、「Radio Korea International」と改称しました。そして2005年3月3日に、テレビ国際放送「KBS WORLD」との統合イメージを作るため、ラジオの英文名称を「KBS WORLD Radio」と改めました。た。

KBS WORLD Radioはみなさまと分かち合います

「KBS WORLD Radio」は、厳選された番組をリスナーのみなさまにお届けしています。正確かつ迅速な情報、国際的な感覚を備えたニュースをお伝えするだけでなく、楽しい時、苦しい時を、世界中のリスナーとともに分かち合っていきます。

- 韓半島情勢に関連した番組を通じ、平和の共存と統一韓国の未来を切り開いていきます。

- 韓国の文化や観光地を紹介する番組を通じて、韓国文化に対する理解を深める機会を提供します。

- 韓国の音楽を通じて韓国への親近感を高めていきます。

- 世界中のリスナーの積極的な参加を誘導し、双方向番組としてのモデルとなります。

きれいな音質はリスナーのためのサービスです

「KBS World Radio」は韓国内の送信施設を利用し直接送出を行うだけでなく、カナダやイギリスでの交換送出と海外送信所からの賃貸送出を通じて、アメリカ、アジア、中東、アフリカなどから世界中のリスナーに向けて、よりきれいな音質の番組を放送するために尽力しています。

受信状態の画期的な改善に努力してきた「KBS World Radio」は、1990年4月、カナダRCI(Radio Canada International)、次いで1993年5月、イギリスBBC(British Broadcasting Corporation)と交換送出協定を結び、アメリカやヨーロッパに向けて、よりきれいな音質の番組を送出することができるようになりました。また中東、アフリカの受信状態を画期的に改善するため、2003年6月に始めたイギリスRampisham送信所からのアラビア語放送は、2011年10月以降は海外中継施設をアラブ首長国連邦のDhabayaに切り替えて放送を送っています。これによって中東産油国との協力関係の促進、北アフリカの国々との交流促進に貢献しています。

インターネット放送

「KBS WORLD Radio」は、デジタル時代に対応して、1997年11月からインターネットのホームページを開設し、現在は、各言語別に毎日の放送を24時間いつでも聴くことができるストリーミングサービスをはじめ、番組ごとのバッグナンバーや、K-POP番組を11言語で楽しめるストリーミングサービスのミュージックプレーヤー(Music Player)を設けてあります。

また各言語のホームページでは、ニュースをはじめ、番組の音声、テキスト、イメージの総合的なサービスを行っています。

さらに11カ国語の放送を二つのチャンネルで1日24時間のリアルオーディオで聴ける「CH1」「CH2」(日本語放送は、「CH1」が午後9時、午前1時、午前11時、「CH2」は午前8時、正午から1時間聴くことができます)もご利用いただけます。

- ホームページのアドレス : http://world.kbs.co.kr/japanese