きょうのセリフ

プロレスの師匠: 혹시 공부 잘하냐? (ところで勉強はできるほうか?)
デチョル: 아뇨. (いいえ)
プロレスの師匠 : 그렇지? 내 그럴 줄 알았어. (クロル チュル アラッソ)
(だろ?そうだと思った)

説明

그렇다---[形容詞]そうだ、そのとおりだ
形容詞+~을(ㄹ) 줄 알았다---~だろうと思った、~だと思った

このフレーズは、「そうだ」という意味を持つ形容詞“그렇다”の語幹に、“~을 줄 알았다”という文型がついたものです。“~을 줄 알았다”は、予想通りの結果が出た時に用いる表現で、「~だろうと思った」「~だと思った」という意味です。したがって、“그럴 줄 알았어”は、「そうだと思った」という意味になります。ドラマでは文末が、砕けたタメ口の表現で“알았어”となっています。

ここで注目したいのが、“그럴 줄 알았어”の“그렇다”です。“그렇다”には、“러”に「ヒウッ」というパッチム“ㅎ”がついていますが、 “~을 줄 알았어”がつくことで、“ㅎ”が落ちています。これは、韓国語でよくある不規則な活用の一例です。“그렇다”のように、語幹のパッチムが“ㅎ”で終わる形容詞は、その後ろに“으”で終わるハングルが続くと、語幹の“ㅎ”と、その後に続く“으”が落ちるという不規則な活用をします。今日のフレーズでは、“그렇다”の語幹“그렇”に“을 줄 알았어”がついて、“그렇”の“ㅎ”と“을 줄 알았어”の“으”が落ちています。そして“ㅎ”の落ちた位置に残った「リウル」という子音“ㄹ”がきて、“그럴 줄 알았어”となっています。この活用規則は、語幹のパッチムが“ㅎ”で終わる全ての形容詞に当てはまります。しかし、「良い」という意味の形容詞“좋다”は例外。“좋다”に“~을 줄 알았어”がついた場合は、“좋을 줄 알았어”が正解ですので、注意してください。

使い方
①いつも通り遅れてきた友達にこの一言 → 그럴 줄 알았어(そうだと思った)
②予想通り良い会社に就職した同級生にこの一言 → 그럴 줄 알았어(そうだと思った)