きょうのセリフ

ウヒョン(우현): 그치? 역시 우리 할머니 현실적이야 (だよね。お祖母ちゃんは現実的だ)
다녀오겠음 (行ってきます)
ウヒョンの祖母・マルスク(말숙): 오냐
ウヒョン(우현): 갔다올게 (カッタオルケ)

説明

갔다오다 --- [動詞]行ってくる
動詞の語幹+~(을)ㄹ게(요) --- ~する、~するよ、~するからね(意思や約束の意を表す)

このフレーズは、「行ってくる」という意味の動詞“갔다오다”に、意思を表す文型“~(을)ㄹ게요”がついた形です。今回は“갔다오다”の語幹“갔다오”にパッチムが無いので、リウルという子音“ㄹ”がつき、文末は“요”をとったタメ口の表現になっています。「行ってくる」という意味で、外出するときに使われるあいさつ「行ってきます」のくだけた言い方です。文末に“요”をつけて“갔다올게요”の形にすれば、目上の人にも使える表現になります。
同じ意味のフレーズに“다녀올게요”があります。これは、同じく「行ってくる」という意味の動詞“다녀오다”に、 意思を表す文型“~(을)ㄹ게요”がついたものです。「行ってきます」という意味で、今日の一言のようにくだけた言い方にするときには、“요”をとって“갔다올게”とすればOK!
“갔다올게요”“ 다녀올게요”よりも、さらに丁寧な表現にするときには、動詞の語幹に“습니다”をつけて、“갔다오겠습니다”“다녀오겠습니다”と言います。上司など地位の高い人などに使われます。
丁寧な順に言ってみると下のようになります。
갔다오겠습니다
갔다올게요
갔다올게
一緒に覚えてみてください。

使い方
① 旅行に行く際、友人にこの一言 → 갔다올게(行ってくる)
② 家を出る時、両親にこの一言 → 갔다올게요(行ってきます)