日本政府が、釜山(プサン)の日本総領事館前に旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像が設置されたことに反発し、長嶺安政(ながみね・やすまさ)韓国駐在日本大使を一時帰国させてから9日で2か月となっているなか、日本総領事館の副領事らが慰安婦少女像が設置された釜山(プサンシ)市東(トン)区の区庁を訪れ、少女像の移転を強く求めたことがわかりました。
釜山市東区の区庁を訪れたのは、日本総領事館の副領事とソウルの日本大使館の公使など4人で、8日午後、朴三碩(パク・サムソク)東区庁長と面談したということです。
面談で、日本側は、総領事館前に慰安婦少女像が設置されたことや韓国の労働組合組織が日本総領事館前に、日本による植民地時代に強制徴用された労働者を象徴する像を設置することを検討していることについて抗議し、今後の対応を問いただし、これに対して朴三碩(パク・サムソク)東区庁長は、「自治体が判断するのは難しい」と答えたということです。
また、日本側は、少女像を守るための防犯カメラについて、「カメラが日本総領事館を映してはならない」と求めたということです。東区による防犯カメラの設置は翌日の9日午後に終わっています。
面談は、日本総領事館側が要請して行われたもので、去年12月に日本総領事館前に少女像が設置されて以来、日本政府の関係者が東区庁長と会ったのは初めてです。日本側は、面談が行われたことを公開しないよう求めたということです。